Top»ダイビング»雲見の地形
-24mのアーチ

形で有名な雲見に行ってきました!
先日のサイパンで地形に目覚めたバディの要望です。

雲見の地形は、いわゆる洞窟でクレバスの中やダイナミックな地形を楽しむことができるのです。
中でも、三競は洞窟の奥で浮上できるポイントで天井から差し込む光がなんとも幻想的なポイントなのです。

そんな雲見でのダイビング楽しみにしていたのですが、ハプニングが・・・。

カメラが水没したのです。

しかも1本目で。

前の日の晩、しっかりとOリングをチェックしたのに・・・。

というわけで、一番の見所の三競の頃にはカメラもなく、すてきな写真を撮ることもできませんでした。
三競顔を出せるエアードームや、キサンゴが美しい宮殿や、体が透明なサクラテンジクダイなどたくさん被写体はあったのに、心残りすぎる・・・。

でもとてもいいところだったので、雲見はリベンジしたいですね。