Top»旅の足跡»オーストリア»ウィーン Vienna

国旗オーストリア Austria Österreich

ウィーン Vienna Wien

Places of Interest
シェーンブルン宮殿

シェーンブルン宮殿
Schönbrunn Palace
Schloss Schönbrunn

1693年に皇帝レオポルド1世によって建てられ、その後歴代の皇帝が増改築を繰り返した。18世紀半ばのマリア・テレジアの時代に、ロココ式として完成を見る。1815年の踊りまくって進まなかった会議はここの大ギャラリーで踊りまくっていたのです。

旧王宮

ホーフブルク宮殿
Hofburg Palace
Hofburg

13世紀には記録が見られ、その後もハプスブルク家の王宮として使用されてきた。様々な宮殿が増改築されて、複合施設となっている。現在、旧王宮ではシシィ博物館、銀器コレクション、皇帝の部屋を、新王宮では、中世武器博物館、古楽器博物館、エフェソス博物館などを見学できる。

聖シュテファン大聖堂

聖シュテファン大聖堂
St. Stephen’s Cathedral
Stephansdom

1147年に創建され、増改築が繰り返されてきたゴシック式の教会。一際目立つ尖塔の高さは136mに及び、1368年から実に65年の歳月をかけて1433年に完成したもの。

マリア・テレジアの棺

カプツィーナー納骨堂
Capuchin Crypt
Kapuzinergruft

1617年に時の皇后アンナが発案し、1632年に建てられたカプツィーナー教会の地下にある納骨堂。歴代ハプスブルク家の人々の遺骨が眠っている。皇帝カール6世や女帝マリア・テレジアのサルコファガスは規模も大きく装飾も見事。フランツ・ヨーゼフ1世とエリーザベトの棺もある。

美術史博物館

美術史博物館
Museum of Art History
Kunsthistorisches Museum

1881年に完成した絵画や彫刻品の博物館。オーストリア歴代君主の収集品が納められている。ブリューゲルの『雪中の狩人』、『農家の婚礼』、『子供の遊戯』、『バベルの塔』、ラファエロの『草原の聖母』、ティツィアーノの『ヴィオランテ』、デューラーの『ヴェネツィアの若い婦人』、ベラスケスの『青いドレスのマルガリータ王女』、フェルメールの『絵画芸術』など。

ウィーン市庁舎

市庁舎
Town Hall
Rathaus

1883年建造。夏の時期は夜21時からフィルムコンサートを行っている。フィルムの割には音響もよく、さすが音楽の都。屋台も出ていてキルシェ・ビールが美味しかった。

ベルヴェデーレ宮殿

ベルヴェデーレ宮殿
Belvedere
Schloss Belvedere

1714~1723年建造のバロック式宮殿。上宮と下宮に分かれ、プリンツ・オイゲンが夏の離宮として建設した。現在は、オーストリア・ギャラリーとなっており、クリムトの『接吻』などが展示されている。

Access Accommodation

Jugendherberge Myrthengasse

Click for Vienna, Austria Forecast