Top»旅の足跡»ギリシャ»コリントス Corinth

国旗ギリシャ Greece Ελλάς

コリントス Corinth Κόρινθος

Places of Interest
アポロン神殿

アポロン神殿
Temple of Apollo

紀元前540年頃の建造。ドーリア式。現存する神殿ではもっとも古い部類に入る。現在は7本の石柱が残るのみ。

オクタヴィア神殿

オクタヴィア神殿
Temple of Octavia

初代ローマ皇帝アウグストゥス(オクタヴィアヌス)の姉オクタヴィアに捧げられた神殿。コリント式。ドーリア式のアポロン神殿と比べると、柱頭に特徴的なアカンサス(ハアザミ)の葉のデザインが施されているのがよく分かる。

ペイレネの泉

ペイレネの泉
Peirene Fountain

コリントスが舞台の悲劇『メディア』(エウリピデス作)にこの泉が登場するため、その頃(紀元前5世紀)にはあったのだろうが、現在見られるものはローマ時代に再建されたもの。神話ではベレロポンが泉の水を飲んでいたペガソスに乗ってキマイラを退治したと伝えられる。

皇帝ネロ

コリントス考古学博物館
Archaeological Museum of Corinth

コリントス遺跡の発掘物を展示している。写真はローマ皇帝ネロ

コリントス運河

コリントス運河
Corinth Canal
Διώρυγα της Κορίνθου

ギリシア本土とペロポネソス半島を隔てているコリントス運河(長さ6,343m,幅23m)。67年にネロ帝がこの運河の開削を実行したが、途中で崩御したため中止に。実際に開通したのは1893年。