Top»旅の足跡»インドネシア»プランバナン Prambanan

国旗インドネシア Indonesia Indonesia

プランバナン Prambanan Prambanan

Places of Interest
ロロ・ジョングラン寺院

ロロ・ジョングラン寺院群
Loro Jonggrang Temple complex
Komplek Candi Loro Jonggrang

ピカタン王により856年に建立されたヒンドゥー寺院。主堂シヴァ神殿を挟み、左右にブラフマ神殿とヴィシュヌ神殿がそびえる。シヴァ神殿にはナンディー堂、ブラフマ神殿にはハンサ堂、ヴィシュヌ神殿にはガルーダ堂というように、それらの神と対になるヴァーハナ堂が向かい合って建っている。シヴァ神殿には『ラーマーヤナ』のレリーフや王妃を石に変えたという伝説のドゥルガ像などが残るが、2006年のスマトラ沖地震以降、内部への立ち入りはできなくなっている。

セウ寺院

セウ寺院
Sewu Temple
Candi Sewu

8世紀末に2代目のPanangkaran王によって創建されたと考えられる仏教寺院。セウ(千)寺院の名の通り、主堂の周りには240基のペルワラで埋め尽くされている。入口を守っている守護神クベラは後にジョグジャカルタ王宮を守る守護神となった。

プラオサン寺院

プラオサン寺院
Plaosan Temple
Candi Plaosan

マタラム王国ピカタン王に嫁いだシャイレンドラ朝のプラモーダヴァルダニー姫のために建立された仏教寺院。9世紀前半の建造。北部と南部に分かれる複合寺院。内部に菩薩像が安置されている。

サリ寺院

サリ寺院
Sari Temple
Candi Sari

菩薩像のレリーフで囲まれた仏教寺院。8世紀の建造。内部には2つの部屋があり、当時はここで僧侶たちが瞑想していたと考えられている。

カラサン寺院

カラサン寺院
Kalasan Temple
Candi Kalasan

778年にサンジャヤ朝とシャイレンドラ朝両王家の婚姻を祝して建立された仏教寺院。その後、改築を重ねヒンドゥー的な要素が加えられた。

ラトゥ・ボコ宮殿

ラトゥ・ボコ宮殿
Ratu Boko’s Palace
Kraton Ratu Boko

遺跡から見つかった碑文によれば、792年に2代目のPanangkaran王により建設されたマタラム王国の宮殿と言われる。しかし、詳しいことは分かっていない。プランバナン遺跡群を見下ろす丘の上に建ち、正門、火葬場、沐浴場などの遺跡が残っている。

ラーマヤナ舞踏

ラーマーヤナ舞踏劇場
Ramayana Ballet Theatre
Ramayana Ballet Teater

叙事詩『ラーマーヤナ』の物語をロロ・ジョングラン寺院に隣接する屋外劇場で演じる壮大な舞踏劇。外国の観光客だけでなく、地元の学生も訪れる。

Access
  • アディスチプト国際空港はジョグジャカルタとプランバナンの中間にあるため、空港に着いたらジョグジャカルタへ向かわずプランバナンに来るのもいい。空港からタクシーでRp50,000。ジョグジャカルタとプランバナンはミニバスが結んでいる。途中空港北のバス停にも停まる。料金はRp2,500均一。
  • 旅行記:プランバナン
  • 地図
Accommodation

Jaya Kusma

  • 史跡公園前の大通り沿いにある。シングルでRp50,000 (2008年現在)。レンタサイクルも借りられる。