キンギョハナダイ

キンギョハナダイ

大きな群れを作る普通種です。雌はオレンジ色で変化はありませんが、雄は色彩変化に富みます。雄の胸ビレには赤紫色の斑点があります。南方でジュエリーバスレットと呼ばれる種と本種は同種のようです。

分類 スズキ目スズキ亜目ハタ科ハナダイ亜科ナガハナダイ属
学名 Pseudanthias squamipinnis
英名 Sea goldie

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です