Top»ダイビング»サイパン・ダイビングツアー
二式飛行艇

間一般の連休をちょっとずらして、ツアー代金が安くなる日曜夜発の3泊4日ツアーでサイパンに行って来ました。航空券+燃油チャージ+ホテル+ダイビング料4本分込み込みで6万円弱で済んだのでお得。
なんですが、その分、日程は厳しいわけで、サイパンに着いたのは翌1:30。イミグレーションの職員が仕事をちんたらやるせいで、待ち時間は1時間。何やかんやでホテルで寝たのは3:00・・・。

そして7:00にはダイビングショップのお迎えが来るというハードスケジュール。眠い目をこすりつつ、初日の今日はボートダイビングへ。と言っても、In Reef でボートに乗っているのはわずかな時間。まずは「沈船」と呼ばれるポイントへ。

松安丸

松安丸

何ともベタなネーミングですが、沈んでいるのは戦時中に使用された旧日本軍の貨物船らしいです。結構大きな船で、アカヒメジやクロオビマツカサなどが群れていました。船底にネムリブカがいることもあるらしいのですが、今回は出会えず。
次のポイントは「B29」。

二式飛行艇

二式飛行艇

と言うからには、B29が沈んでいるのとばっかり思っていたら、実際に沈んでいるのは旧日本軍の二式飛行艇だとか。プロペラや羽根、機銃座などが原形をとどめていました。ただ、魚はあまりいず。
午後は、「グロット」へ。そう、「サイパンと言えばグロット」と呼ばれるくらいダイバーの間ではメジャーなポイント。120段弱の階段を下るとそこは、青の洞窟。

グロット

グロット

潜ると外洋に抜ける洞窟が空いていて青く輝き何とも幻想的なのです。そして、外洋に出るとアオウミガメに遭遇しました!こんなに近くで写真を撮れたのは初めてです。

アオウミガメ

アオウミガメ

グロットでのダイビングを終えると、待っているのは120段の階段・・・。
実は私、この日は病み上がりの状態で、朝から睡眠不足で、かつ3本も潜り、さらに階段を重いタンクを背負って登るわけですから、もう残りHPは1の状態です。
そろそろ、限界かもと思っていた矢先、一緒に行った相方のナイトダイビングをしたいという強い要望が。
鬼です。
ですが、せっかく来たわけですし、自分に体調のせいで断念させるのは申し訳ないので付き合いましたよ、ナイトダイビング。ただ、密かにショップの人に言って、ナイトより早めに行って早めに終わるサンセットダイブに切り替えましたが。
と言うわけでナイトダイビングもといサンセットダイビングはラウラウビーチへ。この日は満月の2日前だったせいか、流れが強く揺れ揺れでした。潜行ロープを握りしめながら、潜っていき夜の海へ。今回のナイトでのベストショットはオトヒメエビです。

オトヒメエビ

オトヒメエビ

すべてが終了したのは20時過ぎ。さすがにくたくたです。夕食でもビールは1杯に抑えて、バタンでした。やはり、遊びに行く前は体調を整えておかないと。

Top

関連ページ:
サイパン島 Saipan


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*