Top»旅行記

オロモウツで寄り道

ホルニー広場

日は、プラハからポーランドはクラクフへの移動日です。プラハ駅であらかじめクラクフ行きのチケットは購入していましたが、お値段何と1024Kč(€39.20)!!
これって普通に高いと思うんですよね。駅で直接ではなく、ネットで購入すればもっと安かったと思われ。ネットだとちと心配なところもありますが、次からはネットにしようかと。

プラハ城

プラハ城正門

日は、いよいよプラハ城に向かいます。カレル橋を抜け、登城道の坂道を登っていきます。結構な坂道を登り切ると、そこにはプラハ城正門が!!
まぁ、ものすごい観光客ですが、正門の両脇には衛兵さんもちゃんといます。この衛兵たち、観光客が一緒に写真を撮っても完全無視。微動だにしないからすごいものです。

プラハ

プラハ

エロフロート航空の遅延によるハプニングはあったものの、翌日の午前中にはプラハに到着しました。プラハは古くはベーメン王国の王都であり、大学がある学問の都であり、神聖ローマ帝国の帝都にもなり、芸術の都ともなった、歴史ある都です。飛行機の遅延を取り戻すためにも、いざ魔法の都へ出陣です!!

飛行機が遅延するとどうなるか

アエロフロート

回、シルバーウィークを利用してチェコはプラハに行って来ました。
ただ、手配が遅かったので、安いチケットは完売し、泣く泣くアエロフロート航空で行くことに。で、そのアエロフロートなんですが、やっぱりやらかしてくれました・・・
モスクワで当日乗り換えのプラハ行きのチケットだったのですが、機体整備のため何と3時間半も遅延し、当然、モスクワでの乗り換えに間に合わず、モスクワで1泊するハメに。この貴重でもない体験を綴ってみたいと思います・・・
(ちなみにアエロフロートは過去2度利用して、2度とも遅延しました。つまり、今のところ、遅延率100%です。)

ガンダム

ガンダム

台場の等身大ガンダムを見に行った。なんだかんだと言っても、やっぱり格好いい。

横浜のクモ

ラ・マシン

年は横浜開港150周年ということで、横浜で開国博Y150なるものが開催されています。開催されているイベントのほとんどに興味はありませんでしたが、唯一惹かれたのが、ニュースにもなった巨大なクモ!!
フランスの劇団ラ・マシンの作で高さ12mのクモが街を闊歩しているのです。これは記念に見ておかないと、ということで、行って来ました。開国博。

インドの牛

ナンディ廟

いうわけで、元旦から話すのは憚れた牛ネタを。
インド(ヒンドゥー教)では牛は神聖な動物とされ崇拝の対象となっています。例えば、破壊神シヴァの乗り物はナンディという牡牛で↓のように立派な像も建てられたりしちゃったりしています。

ボロブドゥール日の出ツアー

釈迦牟尼像

ランバナンを後にし、ジョグジャ経由でボロブドゥールへやって来ました。
ここではかなり奮発してボロブドゥール唯一のリゾートホテルManoharaに宿泊することに。このホテルは史跡公園の敷地内にあり、ボロブドゥールへの入場料は不要で出入り自由。さらに、開園6時前にボロブドゥールに入り頂上で日の出を見るツアーも開催しており、宿泊客は一般の半額で参加できるのです。
『歩き方』によれば6時の開園と同時に遺跡は人でいっぱいになってしまうため個人旅行者に人気のツアーということなので、この日の出ツアーは団体客のいないボロブドゥールを独り占めにするには最適のハズ。
ということで、参加してきました「ボロブドゥール日の出ツアー」

プランバナン

ロロ・ジョングラン寺院

々にバリ島を後にし、本来の目的地のボロブドゥール遺跡があるジョグジャカルタへ。時間もないので国内線でアディスチプト国際空港へ飛んでしまいました。クタのHISでRp499,000(≒5,600円)でした。ただし、出発時刻が早朝6:20。ということは5時過ぎには空港に着いていなきゃいけないわけで。
いやぁ、早い。
で時差が1時間あるため到着は6:30。件のボロブドゥール遺跡やプランバナン遺跡は普通はジョグジャからツアーなどで行くようですが、よくよく地図を見てみると、このアディスチプト国際空港はジョグジャとプランバナンの間にあることが判明。

バリ島

クタ海岸

休みを利用してインドネシアにやってきました。今回の旅の目的はボロブドゥール遺跡を見に行くことだったのですが、燃油チャージも取られる昨今、直行便は高くて手が出ないため、まずはバリ島に行くことに。
バリ島にはまったく興味がなかったのでよくよく調べもせずに来てしまいました。知っているのはバリ島ってリゾートでクタってところが有名らしいぞということくらい。というわけで空港からタクシーに乗ってクタまで。クタに着いた最初の印象は・・・

四国カルスト

四国カルスト

知の旅3日目は予定を大幅に変更してレンタカーでドライブとなりました。当初は全行程カヌーの予定だったのにカツオのタタキ食べたさに予定が変わったわけで。当然ドライブで何処に行くかは決まっていません。決まっているのは今日中に高知に帰るということ(レンタカーは中村で借りて高知で乗り捨て)。しかも、昨日川登に置き去りにしたカヌーやテントを回収しなくてはなりません。ということで、まっぷるを購入

四万十川の生きものたち

口屋内大橋

万十川カヌー2日目は9時前に口屋内の沈下橋を出発しました。写真は口屋内大橋です。見てください、この波一つない水面を!穏やかですねぇ。今日もいい感じにスタートです。