Top»旅行記»トゥールの古城
ヴィランドリー城庭園

日は古城を見て、明日リスボンに発つことにしました。まず、レセプションにもう1泊することを告げると、ノープロブレムの返事が。そのまま街へ繰り出して、朝食後、観光案内所へと向かいます。ここでレンタサイクルの場所を教えてもらいます。

レンタサイクルのおじさんはいい感じの人で、楽しいトークをしながらヴィランドリー城までの道のりを丁寧に教えてくれました。それも景色がいいコースを。さらにミネラルウォーターまでサービスしてくれ至れり尽くせりです。

トゥールを出て、ヴィランドリーを目指します。片道16kmの道のりです。車も少なく、気分は上々。ヨーロッパの田舎道を自転車で疾走。これはなかなかのものでございます。

トゥール郊外

トゥール郊外

いいペースで飛ばして、ヴィランドリーには12:30に着きました。お城や庭園は近代的で古城のイメージとはかけ離れていましたが、庭園の幾何学模様はおおっでした。今までこんな庭園は見たことありません。ですが、庭園の周囲には並木がなく、つまり日陰がないので炎天下ではもうすこぶる暑い。ちょっと長居はできない感じ。

ヴィランドリー城

ヴィランドリー城庭園

ヴィランドリー城庭園

ヴィランドリー城庭園


庭園内のパンフレットには日本語もあり、こんなところまで日本人観光客って来るのねと変なところで感動しちゃいました。とりあえず、ここまで一人も日本人には会っていませんが。

城を後にしてレンタサイクルのおじさんに教わった別ルートで帰投します。トゥールに入り、スーパーに立ち寄りました。この旅初めてのスーパーです。んで、驚愕の事実が。今までペットボトルの水は8Fだと思っていましたが、なんと3.5Fで売っているではありませんか。しかもEvian。観光地価格とはいえ、なんと倍以上もしていたとは。今晩はちょっと節約して、このスーパーでサンドイッチと牛乳を買い込み、夕食にすることに。この牛乳が翌朝大変なことになるのですが。。。

Top

関連ページ:
トゥール Tours