Top»旅行記»瑞牆山
瑞牆山

牆山に日帰り登山に行ってきました。瑞牆山は山梨県北杜市須玉町にある日本百名山のひとつで、標高2,230m。麓の瑞牆山荘まで車で行けて無料の駐車場もあるというのでマイカーで。9:00過ぎに着いた瑞牆山荘は山荘というより、外から見たカンジちょっとおしゃれなcafe風でした。山荘手前の登山道から登り始めます。富士見平小屋までコースタイムは50分のところを30分強で登ったら、心臓バクバク、足はふらふらで
死ぬかと思った。
どうやら久しぶりの登山で身体がびっくりした模様です。
この富士見平小屋に水場があって、その水を飲むとびっくりするぐらいおいしい。やっぱり天然水はいいですなぁ。

富士見平小屋から30分ほど下って天鳥川に。この天鳥川を越えたところから急登が始まります。山頂まで1時間30分の道のりです。道中、巨石や奇岩を見ながら登ること1時間、岩の陰にヒカリゴケを発見しました。

ヒカリゴケ

ヒカリゴケ

絶滅危惧種のヒカリゴケ・・・よもやこんな所にいようとは。ちなみに英名はGoblin’s Gold。ちょっとかっこいい。
さらに登ること30分、11:40に山頂に到着。

大ヤスリ岩

大ヤスリ岩

残念ながらガスっていて展望はよくありませんでしたが、切れ間から大ヤスリ岩を見ることができました。頂上で昼飯を食べて下山。下山は2時間くらいです。
帰りは信玄の隠し湯増富温泉に寄ってきたのですが、この温泉、ぬるいのです。
源泉が30度というので推して知るべし。ぬるいということは皆さん長湯するわけで、かつ団体客も来るような日帰り温泉施設。そう、回転率が非常に悪い。
源泉の湯船が二つあるのですが、自分が入ったときはまるで
里芋の煮っ転がしのような
混雑ぶりでした。
他の湯船に浸かって源泉が空くのを待っていましたが、いっこうに空かない(空いてもすぐに埋まる)ので源泉には浸からずに出てきてしまいました。駐車場の混雑ぶりをみて入浴するか否かを決めてもいいかと。 Top

関連ページ:
国土地理院 2万5千分1地形図
瑞牆山荘


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*